膣引き締めの手術は性生活改善の救世主となる|婦人科形成でできる事

軽い症状なら体操を習おう

ウーマン

婦人科形成外科では、膣の緩みが軽度な人の悩みにも対応しています。膣引き締めトレーニングを教えてくれますので、きちんと方法を習って骨盤底筋を鍛えていくことができます。

もっと見る

膣縮小手術を受ける

困る女性

効果の高い膣引き締め方法は膣縮小手術です。メスで膣の皮膚を切開し、入り口や膣壁を糸で縫合していくため、大きな手術となります。そのためダウンタイムも長いので、気をつけて術後を過ごす必要があります。

もっと見る

誰にも言えない悩み

お尻

性器や性生活に関する悩みはなかなか人に相談できるものではありません。女性同士男性同士でも、自分の性器に関し大っぴらに話すことはないのです。しかしそうなると「自分だけがおかしいのではないか」といった悩みが大きくなるばかりです。基本的に異性の性器に関しては双方が理解を深めていないのが現実ですから、女性は男性に性器を見られる時、「自分の性器は変だから嫌われるのではないだろうか」と考えてしまいます。そうなると、性行為をパートナーともつことが嫌になってしまうのです。実はそういった心配は取り越し苦労となることも多く、約半数が相手の性器をじっくり見ることは無く、絵に描いてといわれても描けなかったのです。そうはいっても、性行為の途中で相手から指摘された人も多いです。それは基本的に体臭や膣がゆるいという感覚が原因といわれています。

膣がゆるくなることは意外とよくあることなのですが、悩みがあるなら膣引き締めの施術を受けるのも良いでしょう。これはどこで受けられるのかというと、婦人科形成外科で受けられます。膣引き締めをしたいと考えていても、悩みを周囲には相談できなかった人でも、婦人科形成外科の医師はプロですから、相談しやすいです。色んな事例を受け付けていますし、コンプレックスを解消するためのコツや正しい施術についても教えてくれます。自分の悩みを相談することができますが、どんなことを婦人科形成で解決できるのかを事前に調べておくことも大事です。膣引き締めにかかる費用に関しても、調べておくと準備もできますし安心して手術が受けられます。

その他の方法

座る女性

費用のことはとても気になるものなので、できるだけ膣引き締めを安く済ませたいと考える人も多いです。膣縮小手術以外にも超音波を使った施術やヒアルロン酸注入もあるので、比べてみましょう。

もっと見る