軽い症状なら体操を習おう|膣引き締めの手術は性生活改善の救世主となる|婦人科形成でできる事

膣引き締めの手術は性生活改善の救世主となる|婦人科形成でできる事

軽い症状なら体操を習おう

ウーマン

膣引き締めをしたいと考えている人の何人かは、パートナーに指摘されたため受診を希望する人が多いです。本当に膣圧が弱くなっているのかを確かめる方法はいくつかあるので、病院に出かける前に確認することは可能です。爪と指を清潔にした上で指を膣に二本ほど入れますが、その姿勢は寝転んだ状態が良いでしょう。そして膣内を引き締める意識で力を入れます。このとき引き締まる感覚が指に得られるのであれば正常だといえるでしょう。しかし、このセルフチェックをしたとしても生活に支障が出ているのであればやはり婦人科形成外科に相談した方が良いといえます。膣引き締めを必要とする症状は、タンポンを使っていても経血が漏れてしまう、お風呂に入った時、膣にお湯が入るなどです。お湯が入ると細菌も入りやすくなってしまうので、できれば膣引き締めをして改善した方が良いでしょう。

軽い症状なのであれば、膣引き締めの手術は必要ありませんが、婦人科形成では膣引き締めのための体操を教えてくれることがあります。どうしても気になる、だけで手術までは躊躇してしまうという人は、骨盤底筋を鍛えてから症状が改善するか見てみましょう。膣トレともいわれていますが、この体操を行なえば下腹部周りにある骨盤底筋が鍛えられます。尿失禁やO脚にも効果がありますし、加齢によって子宮脱になってしまった女性にも効果があるのです。肛門と膣を意識しながら呼吸とともに鍛える方法となっています。体操をする際の姿勢は様々なので、教えてもらいながら方法を習得していきましょう。